TypeScriptってなに?

この記事では、プログラミング言語の一つであるTypeScriptについて、初心者の方にも分かりやすく解説します。

TypeScriptの基本的な概念から、どのような場合に役立つのか、そして学習すべきタイミングまで、幅広く紹介します。

目次

TypeScriptとは

TypeScriptは、JavaScriptに型(データの種類を示す情報)を付加することで、より堅牢で安全なコードの記述を可能にするプログラミング言語です。Microsoftによって開発され、オープンソースで提供されているもので、大人数のプログラマーが同時に開発を行う場合でもエラーを防ぎやすいように設計された言語です。

TypeScriptはJavaScriptに非常に似ており、JavaScriptのコードがそのままTypeScriptとしても機能します。

TypeScriptは型の概念を導入することで、開発者がより明確にデータの構造を定義し、エラーを減らすことができるのです。

ちなみに、TypeScriptのファイル拡張子は .ts または .tsx(ReactのJSXを含む場合)です。これらのファイルは、ブラウザで直接実行することはできません。TypeScriptコンパイラを使用して、JavaScriptファイル(.js)に変換する必要があります。

TypeScriptを使うメリット

TypeScriptの最大のメリットは、型安全性にあります。これにより、開発中により多くのエラーを検出し、修正することができます。

例えば、特定の関数が数値のみを受け取ることを期待している場合、TypeScriptは非数値が渡された際にコンパイル時にエラーを報告します。

以下TypeScriptとJavaScriptのコード例

// TypeScriptの例
function addNumbers(a: number, b: number): number { return a + b; }
// JavaScriptの例
function addNumbers(a, b) { return a + b; }

TypeScriptの例では、関数addNumbers数値のみを引数として受け取り、数値を返すことが明示的に宣言されていますね。

TypeScriptを使わなくてもいいケースもある

TypeScriptは多くの利点がありますが、すべてのプロジェクトで必要というわけではありません。

小規模なプロジェクトやプロトタイピングの段階では、TypeScriptの導入が単に余計な負荷となる場合があります。

また、チーム内にTypeScriptの知識がない場合や、短期間での納品が求められるプロジェクトでは、TypeScriptを導入しないケースもあるでしょう。

TypeScriptはこれから学ぶべきか

TypeScriptの人気は依然高い状態となっています。

多くの大企業やオープンソースプロジェクトがTypeScriptを採用しており、開発者コミュニティの間で広く認知されています。また、GitHubやStack OverflowなどのプラットフォームでのTypeScriptに関する質問やプロジェクトが増えていることも、その人気を裏付けていますね。

Googleなどの大企業や多くのプロジェクトで利用されている事を考えればTypeScriptの将来性は非常に高く、現在のフロントエンド開発においては必須のスキルと言って過言ではないので、TypeScriptは学ぶべきか?と問われたら答えはYES!!です。

既にある程度JavaScriptに精通していれば、TypeScriptの追加的な概念(例えば型やインターフェース)を学ぶのは比較的簡単ですが、プログラミング初心者の場合は、まず基本的なJavaScriptの概念を理解することから始めましょう。

TypeScriptはフロントエンド学習のどの時点で学習すべきか

フロントエンド開発において、まず基本的なHTML、CSS、そして純粋なJavaScriptを学ぶことが重要です。

これらの基礎が固まった後、TypeScriptを学ぶことで、より高度なフロントエンド開発スキルを身に付けることができます。

個人的にはReactなどのモダンフレームワークの基礎を終えた当たりで勉強するのがいいのかなと思います。

React開発でTypeScriptが活きる場面

さいごに、Reactでの開発において、TypeScriptを使用する利点をいくつか紹介しておきましょう。

1. コンポーネントのプロップスの型定義

Reactではコンポーネント間でデータを渡す際にプロップスを用います。

TypeScriptを使用すると、これらのプロップスの型を厳密に定義できます。これにより、間違った型のデータがコンポーネントに渡されることを防ぎ、開発時のエラーを減らせます。

2. 状態(State)の型定義

Reactの状態管理では、TypeScriptが大きな役割を果たします。

状態の型を定義することで、その状態が使用されるすべての場所で一貫性を保ちます。これにより、状態が予期しない形で変更されるのを防ぎます。

3. リファクタリングと保守の容易さ

型安全性により、コードのリファクタリングが容易になります。

コンポーネントや関数のインターフェースを変更する際、TypeScriptは関連するすべての部分での型の不一致を指摘します。これにより安全にコードの改善が行えるわけです。

4. エラーの早期発見

TypeScriptはコンパイル時にエラーを検出するので、実行時に発見される可能性のあるエラーを、開発段階で早期に検出し対処することができます。

まとめ

TypeScriptは、厳格な型定義などを行うことで堅牢なアプリケーション開発ができるようになる言語です。

JavaScript単体では実行するまでわからなかったエラーを早期に発見し安全性を高めることができます。

反面、厳しいチェックをするということは開発中は間違っていればエラーもいっぱい出るということです。

エラーを見るだけで蕁麻疹が出てしまうような状態だとパニックになり泣いてしまうと思うので、ある程度エラー対応に抵抗がなくなってから学習するといいのかなと個人的には思います。ぼくは今でも蕁麻疹が出そうになりますが。

むずいけど、なんか色々できるんやな

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次