オススメのプログラミング独学方法3選

この記事はアフィリエイト広告が掲載されています。

今回はプログラミングを独学で身に着けようと思う方向けにオススメの独学方法を3つ紹介します。

自分ひとりで効率よく学習するにはどんな方法がいいの?

そんな風に感じている方に読んで欲しいです。

目次

オススメのプログラミング独学方法3選

結論からいうとオススメの独学方法は下記の3つです。

・Udemyで学習
・書籍で学習
・YouTubeで学習

それぞれ詳しく解説します。

Udemyで学習

オススメの方法1つは世界最大規模の動画学習プラットフォーム「Udemy」で学習する方法です。

正直これが一番効率的な方法だと考えています。

Udemyではプログラミング初心者向けから上級者向けの内容まで幅広いコンテンツが提供されており、

公開されているコースは全体で21万本以上もあります。

通常は各コース2万円ほどする有料のものが多いのですが、

かなりの頻度でセールを実施していて、

多くのコースが90%OFFや85%OFFなどの割引になってることもよくあり

商品によりますが、実質2000円程度で購入できることも多いです。

講師の方の解説を聞きながらなので、指示通りにすれば順調に進められますし、

詰まってしまってもQ&Aに質問を投稿すれば講師の方が回答して教えてくれるのでかなり助かります。

この方法が一番オススメだと思う理由はさらに次の2点もあります。

PC一台で完結。動画を見ながらコードも書ける。

Udemyを使った学習がオススメな理由一つ目は、

動画を見ながらコーディングを同時にできることです。

書籍だと本を見ながら画面に書き写して…という手間がいちいち発生してしまいますが、

PCの画面内で完結しているのでそういったわずらわしさがありません。

大き目のモニターを使っている人なら、

例えば左にUdemy、右にVSCodeなど画面内で分割して表示することも可能なので、

画面の行き来のストレスもゼロにできますし、

用意するものが少ないことで学習を開始するハードルも低くできますね。

スモールステップで達成感を感じやすい

Udemyの講座はものによりますがコース全体の長さ(動画コンテンツの合計時間)が4時間~8時間などのものが多い印象です。

休日などにやれば1日でコースを完走することも可能なので、

教材の範囲をまるっと短時間で学び、達成感を感じることができるのです。

学習の挫折は「前に進んでいる感覚のなさ」から来るので、この点Udemyでの学習は挫折のしづらさにも繋がってると思います。

書籍での学習

書籍でも十分に独学は可能ですし、プログラミング関連の書籍はいくつも出版されています。

特にWeb制作やフロントエンド初心者におすすめの本は下記の記事にもまとめているので読んでみてください。

本であれば通勤電車の中で読んだり、寝ながら読んだりもできるのでパソコンに触れない時間でも学習ができます。

また、短いコードレシピ集などの書籍は動画コンテンツよりも一覧で見やすかったりするので、

辞典的に一冊持っておくというのもひとつの方法でしょう。

コードを書く系以外にも、エンジニアとしての思考法なども書籍で学べるものがありますね。

こういった本独特のメリットもあるので独学の際には活用するといいでしょう。

YouTubeで学習

こちらもUdemyと近いですが動画で学べるということのほかに、

YouTubeは基本的に無料です。つまりお金をかけずに学習することが可能です。

また、ご存知の通り超巨大な動画プラットフォームですので、コンテンツの豊富さもメリットです。

Udemyもそうですが、英語でのコンテンツも簡単に視聴できるので、英語でも視聴できる方は

世界中の最新情報に触れながら学習を進めることができますね。

独学に決まった方法はない

どのようにプログラミングを独学するかはコレといって決まった方法はありません。

様々なコンテンツや教材の中で、自分に最適なコースを探したり、レベルに合った書籍を選ぶことが大切です。

自分に合った学習スタイルで自分のペースで勉強していきましょう。

独学だけでは正直不安な人は

「とはいえ、正直独学だけでは心もとないんだよな・・・」

という方はプログラミングスクールを使ってもいいと思います。

スクールを使わない主な理由はコストだったと思います。しかしスクールの中でも安価なものがあるので、

こちらの記事を参考に予算感の見合うスクールを使ってみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次