【動画圧縮】Video Smallerの使い方

プログラミング

こんにちはtakosanです。

Webサイトの制作や動画編集の仕事で

「とにかく動画の要領を極限まで圧縮したい!」

と思ったことはありませんか?

さらにそれが手軽で、会員登録やツールのインストールなどが不要なら最高ですよね。

今回はそんな方に「Video Smaller」というWebサービスをご紹介します。

Video Smallerの使い方

video smaller

Video Smallerは名前の通り動画を圧縮していくれるサイトです。

その特徴は何よりも

圧縮したい動画をアップロードするだけ

非常に優れた圧縮性能

この2点に付きます。

実際のサイトはこちら

Video Smaller

video smallerで動画を圧縮する手順

video smallerの画面

試しにpixabayでDLしたパスタを茹でる動画を圧縮してみましょう。

元のサイズは2.7MBで、約10秒の動画です。

さて、使い方ですがめちゃくちゃシンプルです。

1. 動画ファイルを選択し

2. “動画をアップロード”を押します。

以上。

動画の品質は下げたくない、動画のサイズを変えたいなどの希望オプションがない限り、

基本的には動画を選んでアップロードするだけです。

アップロード中

“動画をアップロード”を押すとボタンが変わり”Uploading…”となり、

動画のサイズによりますが、短ければ数秒〜十数秒でアップロードが終わります。

圧縮が終わりました

アップロードが終わると同時に圧縮作業も完了です。

画像をご覧いただくと分かる通り、なんと56.85%も圧縮することができてしまいました!

別の動画でも66%カットできたので、かなり圧縮性能は優れているといって間違いないでしょう。

まとめ

画像にせよ、動画にせよ、データの軽量化はもはや必須。

とはいえどっかのWebサービスに会員登録とかadobeのツールでなんちゃらかんちゃらして…とかは面倒くさい。

Video Smallerは無料、カンタン、高性能の三拍子が揃った頼れる味方。

軽くて見やすいサイトを効率よく作るためのサポートツールとして活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました